互助会の概要

  1. HOME >
  2. 互助会の概要

互助会の概要

設立

教育文化の振興と教職員の相互共済と福利の増進を図ることを目的に、昭和26年1月に設立され、昭和29年10月に愛知県職員の共済制度に関する条例の施行に伴い、条例設置団体となりました。昭和47年5月に財団法人化され、平成26年4月からは一般財団法人に移行し現在に至っています。

会員

主に愛知県公立学校教職員及び県教育委員会事務局の職員などが加入しています。平成30年3月末現在の会員数は48,145人となっています。

事業内容

主に会員の掛金を財源として、以下の事業を行っています。

公益目的事業
公益目的支出計画に基づき、教育文化事業を行っています。
福利厚生事業
会員を対象とした給付事業、カフェテリアプランなどを行っています。
貯金事業(受託事業)
愛知県教育委員会等から社内預金の管理を委託され、福祉貯金を行っています。

組織

評議員
評議員会の決議により会員から14名を選任しています。
役員
評議員会の決議により理事9名、監事2名を選任しています。
理事会の決議により理事から会長1名、副会長2名を選任しています。
評議員会
評議員14名で構成され、定例会を年1回開催しています。
理事会
理事9名で構成され、定例会を年2回開催しています。

情報公開

規程
評議員及び役員
事業報告
事業計画